ろっこやコラム vol.01<ろっこや×TSUBAKIAN>対談 前篇

2つのブランド代表が考える「きもの」「スタイリング」への思い

同じきものを、同じモデルで 異なるアプローチで「魅せる」

ろっこやのオリジナルデザインきものを、ろっこや・TSUBAKIAN2つのブランドがスタイリング
それぞれの代表が捉える「きもの」「スタイリング」への思いをインタビュー!


ろっこや
ハミルトンヒロコ(以下ろっこ)
伝統とモダンを融合させたデザインが人気のきものブランド〈ろっこや〉代表

前職は美容師として雑誌やショーなどのヘアメイク・着付を手がける
「その人の持つ魅力を引き出す」ことをモットーとしている

TSUBAKIAN
モリタマミ(以下マミ)
スタイルアップコンサルタントとして、パーソナルカラー、骨格診断、着付レッスン、ポージングレッスンなど、なりたい自分になるサポートを行う
オリジナルブランド〈TSUBAKIAN〉では、美しい装いを心がける をコンセプトに、デイリーに使えるアイテムを取り揃える

ー今回のそれぞれのブランドのスタイリング、コンセプトは?


ろっこ

ろっこやのスタイリングコンセプトは<フラッパースタイル>

<フラッパー>とは、1920年代に欧米で流行したファッションスタイル
「新しい女性」という意味の造語です
戦後の混乱した時代に、「女性とはこうあるべき」という抑圧から解放された
「ファッションは自分のためのもの」という女性たちのムーブメント
その革命的な強さと美しさを、きもので表現できないかな、と

潔いショートヘアにヴィンテージのヘッドドレスやヴェール・モダンなクロッシェやビーズ
まるでドレスのような印象のラインを描いてスタイリングを完成させました


マミ

TSUBAKIANスタイリングは、コンセプトは特に決めず。きものを軸にイメージを膨らませて

今回の撮影で使用するきものは、シックでニュアンスのあるカラー
そこから「エレガント」や「女性らしさ」のイメージを膨らませて、
TSUBAKIANの半衿や帯、ショール、お気に入りのヘッドドレスやヴィンテージハット・ビーズバックなどをあわせてコーディネート
キュートなイメージからオトナのパーティコーデまでが出来上がりました

ー2ブランド計6パターン・各スタイリングの詳細をお聞かせください

ROCCOYA Style ー Gorgeous


ろっこ

ドレスのようなゴージャスさ・煌びやかなシルエット

フラッパードレスのマテリアルとして特徴的な<ビーズ装飾>を、裾飾りとして使用
きものを短めに着付けて、ドレスを重ね着しているかのようなゴージャスで美しいシルエットを描いて

帯結びは、兵児帯としごき兵児帯を2本使い
ドレープをふんだんに、ドレスのバックスタイルのように
しごき兵児帯は垂らしてお引きずりスタイルでも素敵ですが、
現実的には移動ができないので(笑)、リボンにして床すれすれの長さに調節すればパーティにも◎

メイクは、目元を切れ長に、シャドウもリップもボルドー系にして、知的でミステリアスな印象に
ヘアは、フィンガーウェイブに羽根をあしらったクロッシェで1920年代のモダンスタイルを踏襲

クロッシェは、なかなか理想のものが見つからなかったので、ゴールドやブラックの羽根を買ってきて、私が夜なべして縫い付けました(笑)

きもの:Ascension<アセンション> bright
兵児帯:ラメドット アイボリー
半衿:ギャラクシー
草履:エナメル四段重ね:オニキス
しごき兵児帯:マッド(※過去完売)
その他小物:スタイリスト私物

TSUBAKIAN Style ー Ecru


マミ

冬の華やかな装いをエクリュカラーで

ろっこやのきもの Ascension<アセンション> brightは、ニュアンスのある上品なカラー
フォーマル感もある一方付け下げになっているので、
同系色で上品にまとめつつ、ファーショール、ハイヒール草履、革手袋、ビーズバックをあわせて
華やかな<冬のパーティスタイル>に仕上げました

TSUBAKIANのアラベスク半衿・グリーンで顔周りに透明感を出しつつ、
イヤリングのマットな質感でクラシカルに

アイメイクはゴールドを基調として、チーク、リップはローズピンク
ヘアスタイルは、ぱっつんの前髪に、ろっこちゃんのスタイリングテーマ<フラッパー>ともリンクする
1920年代のヴィンテージハットがポイント

きもの:Ascension<アセンション> bright
半衿:チュールアラベスク半衿 グリーン
ファーショール:エクリュ
その他:スタイリスト私物

ROCCOYA Style ー Cool


ろっこ

闇夜に輝くミステリアスな魅力

きものや帯のスタイリングはシンプルに 色味を抑えてクールに
帯結びは、ろっこやオリジナルの<バッファロ結び>(角だし風アレンジ)
シルバーに輝く華やかな兵児帯なので、質感をみせるためシンプルな帯結びとして、
着付けとアクセサリーで豪華さをプラスしました

普段のマミさんの着付けとは全く違う、大胆に抜いた衣紋と衿あわせ
マミさんは最初「こんなに抜くのん!?絶対似合わない!」と難色を示していましたが、(笑)
Y字に流れるラインストーンのチョーカーの絶妙なバランスが美しいラインを描いて、とってもドレッシーな後ろ姿に!

メイクは、Ascension<アセンション>brightの時と同じく目元を切れ長に、
シャドウもリップもボルドー系にして、知的でミステリアスな印象に
ヘアは、フィンガーウェイブにシルバーの華奢なヘッドドレスを飾って、黒髪の艶感がよりひきたつように

きもの:Ascension<アセンション>night
兵児帯:ヴォリュート ブラック
帯締め:銀糸織り込み:黒
草履:イタリアンレザー型押し:モスアゲート
その他:スタイリスト私物

TSUBAKIAN Style ー Elegance


マミ

ベリーショートに大振りのヘッドドレスをオンして艶っぽく

ろっこやのきものAscension<アセンション>night
こちらはこっくりとした闇夜をイメージしたカラーなので、格好良いコーディネートはもちろんあうけれど、
ポイントで入っているマゼンタの花の色には女性らしい艶っぽさがあります

TSUBAKIANスタイリングでは、そこにレースの兵児帯、半衿、帯揚げやイヤリングをあわせて、<エレガンス>を表現しました

メイクは、コーディネートのカラーにあわせて<ボルドー>を基調に
ヘアは、マニッシュになりがちなベリーショートに、あえて大きな花のヘッドドレスをあわせて艶感を

きもの:Ascension<アセンション>night
兵児帯:ゴシックレース スカラップ有り
半衿:チュールペイズリー 黒×オフ
帯揚げ:ボーダーレース カシス
その他:スタイリスト私物

ROCCOYA Style ー Pure


ろっこ

ヴェールに包まれた神聖な優しさ

ピンク・ホワイト・ベージュ・・・淡い色合いでイノセントな柔らかさを表現
白レースのブラウスをインナーに・洋装ミックスに挑戦しました

帯は兵児帯をシンプルな蝶々結びに。長さのある兵児帯なので、リボンを長く大きくとることができます
パールをあしらってどこまでも淡く・甘く少女のような愛らしさを

Ascension<アセンション>のスタイリングでは、衣紋をたっぷりと抜いて艶のある大人の女性のイメージの着付けでしたが、
今回は衣紋を控えめに。

メイクは、ローズピンクのリップで愛らしく
ヘアは、モダンなショートヘアに純白のヴェール・シャンパンゴールドの飾りをあしらって繊細さを

きもの:Deep Bliss<ディープブリス>Desert
兵児帯:Dia<ダイア>ベージュ
草履:畳 野崎表・三の七
その他:スタイリスト私物

TSUBAKIAN Style ー Charming


マミ

スモーキーカラー×マットの質感

ろっこやのきものDeep Bliss<ディープブリス>Desert、都会的なスモーキーピンクの色味に、
TSUBAKIANのバラモチーフの兵児帯や肌に馴染む柔らかいカラーの半衿で、エレガントかつチャーミングな印象にスタイリング

兵児帯は #帯結ばない帯結び アレンジのコルセット風
補正は少なめに、ウエストラインをきゅっと出すのがポイント
細かくひだをとったドレープが後ろ姿のシルエットを美しく見せます

#帯結ばない帯結び ・・・ 大阪で着付け教室を主宰するayaayasさん考案の帯結び

メイクは、ボルドーの囲み目にブラックのラメをのせて、ブラウンチークで陰影をつけて、
甘くなりすぎないバランスに気を付けました

きもの:Deep Bliss<ディープブリス>Desert
兵児帯:フォギーローズ レッド
半衿:チュールアラベスク グレイッシュピンク
その他:スタイリスト私物

ーモデルを務めたのは、TSUBAKIAN モリタマミさん。同じきもの・人物でも、随分と印象が変わりますね


ろっこ
マミさんのモデルとしての表現力が素晴らしいのはもちろんのことですが、
同じきものでもこんなにかわるよ、という提案と発見を見ていただきたいです。
ろっこやのきものは、着る人を主役にひきたてるデザインを心がけています。
スタンダードな着方はもちろんだけれど、フォトジェニックな着こなしやパーティ仕様にも。
今回の撮影は、日常とはまた違ったアーティスティックな世界観への挑戦とも言えます。


マミ
ポイントは、ヘアメイクを3パターン変えることで、同じ人が着てもイメージを変えられるということをお伝えしたいということでしょうか。
ヘアとメイクは、スタイリングを行う上でかなりのウエイトを占めていると考えています。
バランスをしっかりととることが大切かなと。

ーありがとうございました。
次回、<ろっこや×TSUBAKIAN>対談 後篇では、
スタイリングの極意や、着付け・メイク・パーソナルカラーなどについて詳しく聞いていきたいと思います!


ろっこ

マミ

次回もお楽しみに♪

<ろっこや×TSUBAKIAN>対談 後篇<ヘアメイク、着付け、カラーバランスで「なりたい自分」に>はこちら♪

撮影したきものや帯などの特集ページはこちらから♪