Roccoya | タータンチェックは実は家紋だった!?
17682
post-template-default,single,single-post,postid-17682,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

タータンチェックは実は家紋だった!?

みなさんこんにちは。

9月になりましたね!

8月後半は恐ろしく暑かったのに、都内は雨の影響か急に肌寒くなりました。

単衣解禁したくても急な雨が怖い・・・

こういう時は、夏に活躍したセオアルファや綿麻きものが単衣として大重宝!

◆綿麻 播州織着物【Mythology】

http://roccoya.ocnk.net/product/391

◆楊柳セオアルファ着物【ダリア】

http://roccoya.ocnk.net/product/390

来週からはまた暑くなりそうな予報ですが・・・

気温に応じた装いで気持ちよく過ごしたいですね♪

 

先週、10年前の結婚式の写真をアップしたのですが、主人が着ているタータンチェックの衣装についてご質問をいただいたので、小話(?)でも。

この柄、実は「ハミルトンタータン」という名前があります。

ケルト族に古くから伝わるタータン。

日本でいう家紋のようなもので、一族を代表する大切な柄です。

今となってはファッションとして、世界中で普通に使っちゃってますが・・・

もしかしたらどこかのお宅の柄かもしれません(笑)

日本でいう「菊の御紋」みたいに、ロイヤルタータンもあります。

ちなみに、「狩猟」「婚礼」などでも使い分けるそうで。主人が着ているのは「狩猟」用のハミルトンタータン。

婚礼用の色が好きじゃなかったので・・・現代はそこまで厳格な決まりはないようなのでかえちゃいました(笑)

ある意味恋愛って・・・狩猟のようなものですしね・・・

世界中の文様には、本来意味があったり、祈りが込められていたり。

ろっこやオリジナルの着物や帯には、海外の文様が多く使われています。

その成り立ちを、今後改めてご紹介していきたいと思います♪

ではでは♪

 

いよいよ来週9/8からは、東京・駒込スタジオにて

<Ready for Autumn>秋のお仕度フェスを開催します!

 

【日時】

2017/9/8(Fri) - 9/10(Sun)

13pm – 19pm

【場所】

駒込ろっこやスタジオ

〒170-0003

東京都豊島区駒込2ー4ー9 HILLSIDE HOUSE#001

Email: info@roccoya.com Phone / Fax: 0369037457

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

商品紹介などは、こちらからご確認ください♪

http://roccoya.com/?p=17646