Roccoya | 特別な日の為の、色無地きもの
16219
post-template-default,single,single-post,postid-16219,single-format-standard,ajax_fade,page_not_loaded,,qode-theme-ver-11.1,qode-theme-bridge,wpb-js-composer js-comp-ver-4.12,vc_responsive
 

特別な日の為の、色無地きもの

 

お客様よりお子様の卒業式用に「ろっこやオリジナル紋入り丹後縮緬で作った色無地を着たい」とご注文をいただきました

 

せっかくなので、卒業式だけでなく色んな場に着ていくことができる一枚を作りましょう!ということで、何色かお顔に合わせて好きな色と似合う色をお選びいただき、染め職人に引き染めてもらった反物をお持ちしました

 

お持ちしたのは、お客様お好みのグリーンとプラチナとグレイ

そして、私が勝手に似合いそうだなーと思ってお持ちしたシャンパンとパープルの五反をお持ちしました

 

グリーンとパープルはとーってもお似合いでしたが、少し華やかになりすぎだったので卒業式に着るということを考慮して今回は却下

グレイは地味過ぎて却下

気になるプラチナとシャンパンの反物を見ているだけのときは、やはりお好みはプラチナ

でもシャンパンもキレイよね〜、と迷われていました

 

 

まずはシャンパンカラー

上品!美しい!!と、二人で大盛り上がり!こっちもいいわ!どーしよう!?

 

そして、プラチナカラー

スタイリッシュで素敵!こっちも似合う、どーしよう!?と、ZARD並みに揺れる想い!!

 

image1

 

シャンパンを着装したまま、お顔周りのみにプラチナを当てて、顔映りを確認してプラチナを外しました

 

あれ?!

 

二度、三度と繰り返してみました

 

私の目にも、お客様の目にも、シャンパンの時とプラチナの時のお顔の色の違いがハッキリわかりました

 

プラチナはお顔の色が若干沈み、シャンパンのお顔の色の方が断然美しい!(写真ではお顔にスタンプ乗せてるのでわかりにくいですが・・・)

 

ということで、シャンパン色をお仕立てすることに!

 

 

お子様の卒業式に相応しい装いの提案もご希望でしたので、お持ちの帯を拝見させていただきました

 

生憎、袋帯はお持ちではなかったのですが、爽やかな緑色と銀糸で織られた西陣織りに上品な相良刺繍が施された帯をお持ちでした

九寸名古屋帯ですが、銀糸も入っておりハレの日の着用には充分な帯です

また、派手になり過ぎずお子様の卒業式での装いとしても、とっても素敵な組み合わせになったかと思います

 

 

そして卒業式当日の昨日、お写真が届きましたー♪

美しい〜♥️

お顔アップできないのが残念なくらいの美しい方なのですよーーーー!!

 

S__14270472

 

上半身の写真もいただきました

 

着物の地紋も、帯の相良刺繍もよく見えます

帯はグラーデーションになるように刺繍されてて上品で素敵です!

 

冠組帯締は通年お使いいただけるうえに、小紋、紬などのカジュアルから付け下げや訪問着などのセミフォーマルまで合わせられる超万能お利口帯締めなので大変重宝します

帯揚げは帯締と同色で染め分けた縮緬地

 

S__16654342

 

こんな風に、お客様の大切な日の一枚をお任せいただけて、尚かつ着姿も拝見できるなんて本当に嬉しいし光栄なことです

あー、嬉しっ♥️

オリジナル紋入り丹後縮緬の色無地はコチラから→

iromuji3